USONICー4SP-RK05を用いた設置例

ゴルフ場の出入口の獣害防護柵の開口部に設置した例

 写真の手前がゴルフ場で防護柵が周囲に張り巡らされています。しかし、竹藪と田畑が見える方向に防護柵の開口部があり、ここからイノシシが侵入します。

防護柵の開口部の間口が4mの場合は装置を8m、間口が5mの場合は装置を10m間口から後退させた位置で、開口部の中央付近に音波が届くように配置します。

概ね配置できれば、杭などを用い固定(後述)します。据置設置台USONIC-4SpP-POLは、上下左右に微調整できます。防護柵の折り返しがあれば更に効果がアップします。

ゴルフ場のイノシシ対策 をご覧ください。

 

各種杭

地面との固定は、杭やロープ止めを使用します。

地面の固さにより、長さ250mm~400mm程度の物を使用しています。設置台の穴径はφ20mmです。これより小さな径の杭を選定してください。

 

 

この設置場所では、ロープ止めを使用しました。

線径φ13mm

首下400mm

凹凸のある異形タイプを選定しました。

道具は大ハンマーが必要です。

防護柵開口部の設置の参考として

 

【注意事項】

  • ユーソニック4SPの屋外設置は、音の出る方向を水平よりも下向きに設置してください。屋外の上向き設置は、雨水がスピーカに侵入して故障の原因になります。
  • 積雪の多い地域では、積雪内での運用を保証していません。ユーソニックが雪に埋もれない高さに設置してください。
  • 装置底面にある空気導入口を塞がないでください。
  • 人が長時間滞在する場所に向けた設置は、避けてください。
  • 水没は故障します。設置候補の中で高い場所が良いかと思います。

 

簡易設置の例

 

評価設置などに便利な設置方法

コンクリート平板などの重石で固定する方法

詳細は下記をクリックしてください。

簡易設置法

 

 

 

折板屋根(特注品)の例

 

折板屋根に設置した特注品の例です。

折板屋根設置部材追加

低寸法・・風が強い場所

 

この設置の詳細は、下記をクリックしてください。

関連記事:折板屋根への設置例